公約の進捗状況を検証

新型コロナウイルス感染症対策に相当なエネルギーを注力する毎日ですが、今日は令和元年度の最終日ということもあり、退職職員への辞令交付式など、感染症対策を施しながら縮小して実施するなど、締めくくりの一日を過ごしています。

そして私にとっては来月15日で、任期の半分となる丸二年を迎えます。この節目に当たり、選挙の際にお示しした公約の進捗状況をまとめましたので、ここにご報告いたします。

この「石井市長公約 OPEN!西宮 進捗状況は、市長就任前に作った私の公約に対して、2年間共に仕事を進めてきた各所管部局が、現状と照らし合わせてまとめたものが主体となっています。その文言を最終的に私自身がチェックをし、進捗状況についても私自身の「自己評価」として、目安として示したものです。

このままではとても合格点とは考えられませんが、これからの残り2年間で、どこまで前進させられるか、その意味でも令和2年度は、とても大切な一年になると考えています。我ながら突っ込みどころ満載であると自覚するところですが、それらをすべて受け止めて、真摯に謙虚に厳かに、頑張ってまいりたいと思います。

改めて、すべての市民の皆様や関係する方々への感謝を思いつつ、ご報告といたします。

西宮市長 石井登志郎

https://www.nishi.or.jp/smph/shisei/mayor/20200331105216697.html