KYB㈱およびその子会社カヤバシステムマシナリー㈱社製品の不適合案件について

 主題の件につき、10月中旬に事案が発覚し、本市においてもどのような状況があるか、また今後の影響について調査をしてきたところです。以下、私が把握している状況についてお知らせします。
●すでに使用されている西宮市所有の公共建築物について
・2013年に実施した、西宮市立浜甲子園中学校南棟における耐震補強工事において、全16本のオイルダンパーが使用されていることが確認されました。施工業者を通じてKYB㈱に確認したところ、同工事において使用された製品は、同社対策本部における調査の結果、性能検査データの書き換えがなく全て適合品であるとの報告を受けたところです。以上が、現時点における経過報告として受けたものですが、今後、今後、追加情報が得られましたら市からご報告させていただきます。
●今後使用される予定の西宮市公共建築物について
・2021年完成予定の第二庁舎(危機管理センター)に関しては、KYB社製のオイルダンパー5基を含む免震機構を取り入れた構造での整備を前提に手続きを行ってきたところです。今後のことではありますが、当初の事業スケジュール等への影響がないよう慎重に精査していく所存です。

上記二件が、市が管理する建築物および予定建築物に関しての現状でのご報告です。

今後とも西宮市政に対するご意見をどうぞよろしくお願い申し上げます。
西宮市長 石井登志郎