統一地方選を終えて

昨日、統一地方選後半の投開票が行われ、西宮市においても、新しい市議41名の当選者が決まりました。まずは、当選を果たされた皆様に心よりお祝い申し上げます。今後、互いに民意を担った者として、それぞれの立場から、西宮市政を前進させるために、議論を交わしながら、共に取り組んで行けることを楽しみにしております。

また、残念ながら落選という結果となりました皆様、本当にお疲れ様でした。結果は厳しいものであったとしても、みなさんが選挙に挑まれ、まちを良くしていこうと立ち上がったそのことは、素晴らしいことだと思います。今後はそれぞれ市民として、市政にご意見賜れば幸いです。

市長という立場もあり、この地方選は極力立ち入った応援はせずにおりました。それと共に、各候補の選挙運動を拝見しながら、役所としての選挙実務の流れを詳細に観察いたしました。実務を支える市職員や立会人を引き受けていただく地域の方に、改めて敬意を抱いたところです。

一方で、この国の選挙の仕組み、選挙運動には、時代に合わない非合理的なところがたくさんあるな、という率直な思いが、さらに強くなりました。さらに強くなりました、と書いたのは、私は衆議院議員をしている時、継続して衆議院政治倫理選挙制度特別委員会の理事を務めており、公職選挙法改正案なども幾度と手がけた経験があることとも関係しています。

選挙をいくつも経験し、国会では法律と向き合い、首長として実務を抱えるという足跡を持っていることは、私の強みであろうと思います。日本の民主主義をよりよく機能させるために何をどう変えていくべきか、意欲的に考えを深めていきたいと思います!

お隣の芦屋市では、「OPEN芦屋」をキャッチフレーズに、伊藤舞さんが見事に市長選挙を制しました。今後、隣接市として協力しながら、地域の魅力を高めて行ければと思います。OPEN、って、どっかできいたことあるような。。。