OPEN! 西宮 政策1-7 市長が率先垂範 「市長給与削減」

投稿日: カテゴリー: 政策

市のトップである市長がまず範を示して市政をけん引します。現在、阪神間で断トツのトップである市長給与をそのまま受け取ることはあり得ません。市長給与の削減をしてこそ、事業の見直しや予算配分の組替えなどへの説得力が持てると考えます。

※参考 2017年12月の阪神間の各市長の期末手当額

西宮市336万円、尼崎市224万円、芦屋市266万円、伊丹市256万円、宝塚市212万円、川西市194万円