OPEN! 西宮 政策3-12 地球環境を積極的に守るまちへ

新しい西宮市では、積極的に地球環境問題に向き合います。役所での省エネやグリーン化事業の推進、そしてグリーンボンド債の活用や省エネコンテストなど、市民を巻き込んだ政策を通じてトップレベルの環境都市を目指します。

グリーンボンド債とは、調達した資金を環境改善効果のある事業に投資することに限定して発行される債権です。具体的には、例えば、西宮市が市内のある土地で太陽光発電もしくは風力発電事業など、自然エネルギー事業を行うとします。その際の事業資金を、市民を中心に募り、そして実際に事業をスタートさせることなどを考えています。例えば最小投資額を1万円とか数千円にすれば、学生でも投資することができます。このように、市民の力をいかしながら、新しい西宮市を、市民と共に積極的に地球環境を守るまちにしたいと思います。