県と明石市の児童相談所を視察へ

本日

は明石市に行き、県と明石市の児童相談所である、兵庫県中央こども家庭センターと明石市こどもセンターの視察に行って参りました。子どもの要保護事案は年々増加しており、本市も含め日本全国の自治体における重要課題です。

西宮市としては、県西宮児童センターと連携をしながら、市として子どもを持つ家庭の支援にあたっておりますが、さらに体制を強化するために、令和四年度までに子ども家庭総合支援拠点を整備することとしています。

兵庫県においては、阪神南県域での児相事案は全件西宮児童センターで対応していたものが、尼崎にも新たに県の児童相談所が設置されることになるとともに、これまで明石の中央こども家庭センターに集約されていた一時保護所が新たに阪神間に新設されることが決まったなど、体制強化が進められています。

こうした動きを踏まえながら、今後の西宮市の子どもを守り育む体制につき、しっかり検討をして参りたいと思います。今日はとても勉強になりました。県職員の皆様、明石市長はじめ明石市の皆様、ありがとうございました!

※写真撮影の時のみ、喋らずにマスクを外しております。