自宅療養者の対策強化へ

自宅療養者への対策強化へ

本日、県庁で行われた「兵庫県新型コロナウイルス感染症対策協議会」の本部会議にに県市長会を代表して出席しました。この会議は、井戸知事をはじめとした関係する全幹部と、県医師会や大学病院関係者、病院関係者や看護師会、保健所長会の会長などが一同に会し、県の対応方針について協議する場です。本来は県市長会の谷口相生市長がご出席されるところですが、蔓延防止対策措置から代理で行って下さいとのことで、副会長の私が代理で参りました。

会議では、この感染急拡大を受けて当面の県内医療体制についてや、感染拡大防止対策について意見交換が行われました。医療提供体制はこの冬の最大数の二倍にまで対応できるよう、病院の役割分担やホテル療養など進めるとのことが示されましたが、それに加えて今日のポイントは、県としてこれまでは原則全員入院、という方針で来たものを、自宅療養も選択肢として示す、としたことでした。

原則全員入院と言うのは、市民からして安心感のあることであるとは思いますが、実際の運用では自宅療養も組み入れないと回らない、というのが今の現実です。県として大きな判断であったと思いますが、保健所を所管し、公立病院を持つ市長としては、この判断は現実的なものであり、より重症化した患者に対応するためにも、病床の柔軟な運用が可能となる点で評価する旨、発言致しました。

このことは、自宅療養となった方々への対応をしっかりとしていくこととセットでなくてはなりません。西宮市としても、これまでも自宅待機の方々へ保健師など専門職による健康観察など行って参りましたが、今後自宅療養される方で、希望される方には西宮市の地産品も含めた支援物資セットをお届けすることと致しました。どうしても日持ちする食糧となりセレクトが限定されますが、西宮市らしいということで、大関さんの甘酒(もちろんアルコールゼロです)を盛り込んだセットとしました。

この変異波を、なんとか市民の皆さまのご理解、ご協力によって乗り切っていきたいと思います!