OPEN! 西宮 質問お答えシリーズ5 前市長について 4年間の評価 辞任に関して

任期を全うせずに辞任してしまったことが、とにかく無責任であったと思います。それと、議会やマスコミと不必要な摩擦を生み、無駄なエネルギーを費やしてしまったことは、とても残念です。この4年間を一言でいうならば、「もったいない」4年間であったということでしょう。

一方で、何から何まで悪かった、というつもりはありません。以前のアサヒビール跡地のシリーズでも触れましたが、県市病院が統合に進む方向に行ったのは、前市長が当選したからですし、防犯灯の市での一括管理など、いい政策を進めたことはあると理解しています。ただ、口酸っぱくなるほど言っていた行革は手つかずで、西宮の市長として不名誉な形で全国に知れ渡ってしまったことなど、残念なことが多すぎました。私としては、それらを反面教師としながら、精進したいと思います!